メガネ・宝石・時計・補聴器の林正美堂

  1. 林正美堂ホーム
  2. 補聴器TOP
  3. 難聴の種類

難聴の種類

どのようにして”難聴”は起こるのでしょう?

”難聴”は、障害が起こる箇所によって、3つの種類に分けられます。


@伝音性難聴(伝音難聴)

伝音難聴

障害が起こる場所

外耳から中耳にかけて

障害が起こる原因

鼓膜破損や中耳炎など

この難聴の特徴

手術や治療による回復の可能性があります。

聴神経は生きているので、音を大きくする『増幅器』の役割をする補聴器を装用すると、よく聴こえるようになります。


A感音性難聴(感音難聴)

感音難聴

障害が起こる場所

内耳かそれ以降の神経系

障害が起こる原因

内耳・神経系の機能低下、生まれつきや事故での内耳・神経系の障害など

この難聴の特徴

音に明瞭感がなくなり、雑音等との聴き分けが難しく、言葉が聞き取れず間違って聴こえたりしてしまいます。

高音や小さい音は聞き取りづらく、大きな音は非常に不快に感じることがあります。

いわゆる加齢による『老人性難聴』はこちらに分類されます。


B混合性難聴(混合難聴)

『伝音性難聴(伝音難聴)』と『感音性難聴(感音難聴)』の両方が混じりあった難聴です。

例えば、中耳炎などによる『伝音性難聴』と加齢による『老人性難聴(感音性難聴)』の両方の原因を持つ難聴です。


難聴程度の目安

どの程度聴き取れていますか?

聴こえ方 聴力レベル
(db)
聴力
ささやき声もよく聴こえる 10-13db 正常
小声が聴きにくい 30-50db 軽度難聴
普通の声が聴きにくい 50-70db 中度難聴
大きな声でも聴きにくい 70-90db 高度難聴
耳もとでの大きな声でも聴きにくい 90-100db
日常の音は聴こえない 100-130db

ページTOPへ


Copyright 2009-2018 HAYASHI SEIBIDO All rights reserved.