メガネ・宝石・時計・補聴器の林正美堂

  1. 林正美堂ホーム
  2. 補聴器TOP
  3. 聴こえの仕組み

聴こえの仕組み

私たちはこのようにして”音”を聴いています。


聞こえの仕組み

  1. 音の波が集音器の役割をする耳介(@)を通って耳穴に入ってきます。

  2. 耳穴から入った音の波は、外耳道(A)を通って鼓膜(B)へ伝わります。

  3. 鼓膜(B)・耳小骨(B)で振動音は大きくなります。

  4. 蝸牛(C)の中で振動音は電気信号に変換され、高さ(周波数)・強さが分析・分類されます。

  5. 蝸牛(C)で分析・分類されたものが聴神経(D)から脳(E)へと運ばれます。

  6. 脳(E)が運ばれてきたものと記憶とを照合して、それが何の音かを決定すると”音”が聴こえます。

ページTOPへ


Copyright 2009-2018 HAYASHI SEIBIDO All rights reserved.