メガネ・宝石・時計・補聴器の林正美堂

  1. 林正美堂ホーム
  2. メガネTOP
  3. 目について

目について

正視

眼から入った光が、網膜の上で正しく結像する状態のことを『正視』といいます。(右図)

網膜上で結像できない場合、メガネやコンタクトなどによる視力の矯正が必要になります。

その原因としては、以下のようなものがあります。


屈折異常

【近視】

近視

角膜や水晶体の屈折力が大きい、もしくは眼球の奥行が長いために、眼の中に入る光が網膜よりも手前で像を結ぶため、網膜上で像がぼやけてしまう状態を『近視』といいます。

近くのものは焦点を合わせて見ることができますが、遠くのものはぼやけて見えます。

大きい屈折率を凹レンズで緩和させて矯正します。

【遠視】

遠視

角膜や水晶体の屈折力が小さい、もしくは眼球の奥行が短いために、眼の中に入る光が網膜より奥で像を結ぶため、網膜上で像がぼやけてしまう状態を『遠視』といいます。

近視の反対で遠くのものはよく見えると思いがちですが、実際には近くのものも遠くのものもはっきりとは見えません。遠くを見るときも近くを見るときもつねに調整をしているので、疲れやすくなります。

屈折率を凸レンズで上げて、網膜上で結像するように矯正します。

【乱視】

乱視

角膜と水晶体のゆがみにより、角度によって見え方が違う状態を『乱視』といい、2つの種類があります。

【正乱視】:角膜や水晶体の歪みで角度によって2か所で結像してしまう乱視のことで、ほとんどの乱視はこちらに分類されます。角膜や水晶体に全く歪みがなければこの現象は起こりませんが、ほとんどの人が多かれ少なかれ、この乱視は持っています。手前で結像している角度に度を入れて1か所で結像するように矯正します。

【不正乱視】:生まれつき、またはケガや病気などによりどこにも焦点が結ばれない状態で、円柱レンズでの矯正はできませんので、ハードコンタクトか手術による矯正となります。

ページTOPへ

調節異常

【老視(老眼)】

老視

誰にも起こる老化現象のひとつで、加齢により水晶体の調節力が衰え、近くのものにピントが合わせにくく、見えづらくなる状態を『老視』または『老眼』といいます。

原理としては、遠視と同じ凸レンズを使用して手元のものを見るためだけに使います。

近視を持っている人が老視になっても、もともと裸眼では網膜より手前で結像していたので、しばらくは近視用眼鏡を外すと手元の物が見えるということがあります。逆に、近くを見るのがもともと苦手な遠視を持っている人には、矯正が必要な老視が早く現れてしまいます。

ページTOPへ


Copyright 2009-2018 HAYASHI SEIBIDO All rights reserved.